人気ブログランキング |
<< ◆ 最北端を目指して北海道、そ... ◆ 最北端を目指して北海道、そ... >>

◆ 最北端を目指して北海道、その11 「積丹ブルーの積丹半島、神威岬」へ (2014年9月)

この日も微妙な天気で、雨だったら小樽、晴れれば積丹半島と決めていました。

キロロリゾート マウンテンホテル ⇒ 余市駅 35km

d0316868_8301453.jpg
計画では、「神威岬」に直行する予定でしたが、例によって余市駅の標識に吸い込まれるように寄り道です 006.gif
ニッカウヰスキーの蒸溜所があることでも有名な余市、今は、創業者「竹鶴 政孝」の「マッサン」でも有名ですね 045.gif

毛利 衛さんの出身地でもあるので、「宇宙の湯」なるものも近所にありました。
もちろん「余市宇宙記念館」もあります。


余市駅 ⇒ 美国港 水中展望船 24km

水中展望船「ニュー積丹号」乗ろうと乗船券発売所に行ってみましたが、波が荒く欠航でした 007.gif
なお、今シーズンの営業は、10月25日で終了しています。


美国港 ⇒ 神威岬 26km

d0316868_859957.jpg
神威岬展望台までは、整備された遊歩道「チャレンカの小道」で行くことが出来ます。
起伏が結構あり、階段もありますが、20分少々で先端まで行けると思います。

d0316868_991417.jpg
女人禁制の門を過ぎるころから起伏がきつくなります 008.gif

d0316868_911487.jpg
シャコタンブルーと呼ばれるだけあって、見事な景観と海の色ですね 038.gif
画像では、その美しさと迫力が伝わらないですね・・・

d0316868_917451.jpg
神威岬展望台側から見た「チャレンカの小道」かなり疲れます 004.gif


神威岬 ⇒ 島武意海岸 15km
d0316868_9271139.jpg
2人並ぶのがやっとくらいの、小さなトンネルが、「島武意海岸」の入り口です。

d0316868_9292367.jpg
トンネルは、こんな感じで、ちょっとかがまないと危険な感じ。

トンネルの暗闇を抜けると、日本の渚百選にも選ばれた、島武意海岸の景観が広がります 001.gif

平成26年10月1日から27年3月末まで、改修工事のため全面通行止めだそうです。
ご注意ください!


d0316868_9372429.jpg
こちらも解説の必要などない、見事な海でした 038.gif
高いところから見るので、迫力もありますが、海の透明度も素晴らしく、見事な色です 005.gif

いつもお昼は、道の駅などで軽く済ませるのですが、今日はしっかりと食べました 003.gif

d0316868_9425864.jpg
食事処 鱗 晃(りんこう) 北海道積丹郡積丹町入舸町

島武意海岸に行くトンネルの向かいにあります。ちょうどお腹が空いてきたので、良いタイミングでした。

ネタがたっぷりと入った「海鮮丼」は、ネタも新鮮で美味しかったです。

d0316868_9432127.jpg

三色丼の蒸しウニは、甘みが増して生よりも美味しいかも・・・


つづく・・・


にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へ ←ブログランキングに参加しています。
更新の励みになります。クリックをお願いします006.gif
にほんブログ村

I am participating in the Blog rankings. Please press the button above.
コメントをいただくと嬉しく思います。ありがとうございます003.gif


PVアクセスランキング にほんブログ村
by fysoft | 2014-11-07 09:55 | 北海道 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://fysoft.exblog.jp/tb/21279728
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ◆ 最北端を目指して北海道、そ... ◆ 最北端を目指して北海道、そ... >>