<   2014年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

◆ 紅葉の上高地、その3 「新平湯温泉 郷夢の宿 山ぼうし」へ、お風呂編 (2014年10月)

無色透明の単純温泉で、源泉温度は77.7度もあります emoticon-0104-surprised.gif
温泉は奥飛騨の自然とあいまって、ゆっくりと楽しむことができます emoticon-0102-bigsmile.gif

d0316868_841251.jpg
大浴場「四季の湯」の内湯。
全10室の旅館なので、十分な広さです emoticon-0144-nod.gif
d0316868_8415848.jpg
いつも貸切り状態で、岩の露天風呂もゆっくり楽しみました emoticon-0103-cool.gif 暗い画像ですみません emoticon-0107-sweating.gif


にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へ ←ブログランキングに参加しています。
更新の励みになります。クリックをお願いしますemoticon-0105-wink.gif
にほんブログ村


d0316868_8523544.jpg
貸切露天風呂「里の湯」
十分なスペースの貸切露天で、24時間入浴可能です emoticon-0137-clapping.gif
d0316868_85252100.jpg
「里の湯」には、五右衛門風呂までついています。
貸切風呂は予約等は不要で、空いていれば入浴可能で、何度でも楽しめます emoticon-0100-smile.gif


にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へ ←ブログランキングに参加しています。
更新の励みになります。クリックをお願いしますemoticon-0105-wink.gif
にほんブログ村


d0316868_943881.jpg
明るい画像がなく、夜の画像ばかりですみません。

露天付きの男女別大浴場と貸切露天が2つあります。

どのお風呂も清潔で綺麗に手入れされていて、気持ちよく入浴できます。

部屋付きの露天と合わせると、合計4つのお風呂を楽しめました emoticon-0105-wink.gif



d0316868_9124915.jpg
貸切露天風呂「蔵の湯」
大浴場と同じく岩風呂で、十分な広さを持ちます。景色もとても綺麗・・・
ボケボケの画像で、すみません emoticon-0106-crying.gif
d0316868_9131314.jpg
「蔵の湯」の内風呂
内風呂は不要なような気もします。


d0316868_917724.jpg
部屋付きの半露天風呂。
大きな陶器製のお風呂は、ゆっくりとくつろぐことができ、何度も入ってしまいました。


◆ 紅葉の上高地、その4につづく・・・

<にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へ ←ブログランキングに参加しています。
更新の励みになります。クリックをお願いしますemoticon-0105-wink.gif にほんブログ村

I am participating in the Blog rankings. Please press the button above.
コメントをいただくと嬉しく思います。ありがとうございます emoticon-0102-bigsmile.gif

にほんブログ村 トラコミュ 温泉へ
温泉


PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by fysoft | 2014-11-30 09:25 | 岐阜県 | Comments(1)

◆ 紅葉の上高地、その2 「新平湯温泉 郷夢の宿 山ぼうし」へ、夕食編 (2014年10月)

奥飛騨温泉郷・新平湯温泉 郷夢の宿 山ぼうし
岐阜県高山市奥飛騨温泉郷一重ヶ根832 TEL:0578-89-2538

d0316868_9455539.jpg
山葡萄(タイプD)の部屋に宿泊しました emoticon-0100-smile.gif


d0316868_951590.jpg
くつろげる囲炉裏部屋とベッドのある洋室の構成です。

囲炉裏は火を入れる準備がされていましたが、結局点火しませんでした emoticon-0138-thinking.gif

陶器でできた大きな露天風呂があります。お風呂は、後ほど「お風呂編」で紹介したいと思います。


にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へ ←ブログランキングに参加しています。

d0316868_9592088.jpg
食事は、炉端お食事処「たるま」でいただきます。個室には囲炉裏炉端があり、落ち着いて食事ができます emoticon-0137-clapping.gif
階段には昇降機が備わっていました。


d0316868_9583828.jpg
食前酒 山桃酒
先付け かわり豆腐

d0316868_9564448.jpg
前菜 九種の盛り合わせ

d0316868_1075875.jpg
御造り 海と川の御造り

d0316868_1091344.jpg
焼き物 岩魚の塩焼き
     五平餅


d0316868_10114922.jpg
蒸物 土瓶蒸し

d0316868_1147241.jpg
しのぎ 飛騨牛と岩魚の握り寿司

d0316868_11524244.jpg
強肴 飛騨牛の瓦焼き

d0316868_11574669.jpg
霜降りの飛騨牛は、こちらので焼いていただきます。

地元で採れた野菜は、どれもみずみずしく焼かなくても食べれそうなものばかり emoticon-0105-wink.gif

手抜きのない料理の数々は、どれも美味しくいただけます。お酒がすすむ料理が次々と運ばれました emoticon-0142-happy.gif


d0316868_1241627.jpg
油物 旬の物の天ぷら

d0316868_1271143.jpg
お食事 釜炊き御飯(飛騨こしひかり)
香の物 季節の野菜漬け


d0316868_128585.jpg
鍋物 きのこ鍋

d0316868_1211581.jpg
水菓子 果実のアイス


◆ 紅葉の上高地、その3につづく・・・

にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へ ←ブログランキングに参加しています。
更新の励みになります。クリックをお願いしますemoticon-0105-wink.gif にほんブログ村

I am participating in the Blog rankings. Please press the button above.
コメントをいただくと嬉しく思います。ありがとうございます emoticon-0102-bigsmile.gif

にほんブログ村 トラコミュ 温泉へ
温泉


PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by fysoft | 2014-11-22 12:31 | 岐阜県 | Comments(0)

◆ 紅葉の上高地、その1 「新平湯温泉 郷夢の宿 山ぼうし」へ、移動編 (2014年10月)

初めての上高地 emoticon-0171-star.gif

紅葉真っ盛りのシーズンですが、9月の「最北端を目指して北海道」に引き続き、天候に問題がありそうです emoticon-0106-crying.gif


自宅 ⇒ 中央自動車道 「釈迦堂PA」 125km 1時間50分

d0316868_6282152.jpg
週間予報では、3日目には天候が回復しそうな気配でした。

出発当日、こちら釈迦堂PA付近はまだ晴れていましたが、目的地の天気予報は雨 emoticon-0107-sweating.gif

新穂高ロープウェイが、この期間だけ運行している「サンセットロープウェイ」に乗り、北アルプスの夕映えを見る予定でしたが、どう見ても夕日は拝めそうにないので、目的地の新平湯に向けて出発しました。



釈迦堂PA ⇒ 道の駅「今井 恵みの里」 118km 1時間35分
d0316868_6423611.jpg
天候不良のため、恒例の道の駅を巡りながら目的地を目指します emoticon-0101-sadsmile.gif
看板の前には、見たこともないような巨大南瓜がずらり emoticon-0104-surprised.gif

長野県松本市大字今井886番地2 TEL:0263-31-3220

開設時間
食堂:午前11時~午後3時
農産物直売所
4月から6月まで 午前8時~午後5時
7月から9月まで 午前8時~午後6時
10月から3月まで 午前8時30分~午後5時

休館日:水曜日 年末年始(12月31日~1月4日)

d0316868_6491278.jpg
リンゴは美味しそうですが、マネキンがちょっと不気味ですね emoticon-0138-thinking.gif


d0316868_6514025.jpg
農作物直売所は面積が広く、内容も大変充実していました emoticon-0137-clapping.gif

初日なので、買い物は控え・・・と言っても、少しだけ買いましたが emoticon-0105-wink.gif


d0316868_6534779.jpg
たけしや南店の「信州まつもと名物 極太やきそば」

特注太麺を特製ソースで煮込んでから焼いているそうです。

迷ったのですが、買うのはやめて画像だけ失礼しました emoticon-0103-cool.gif

長野県松本市寿小赤753-8
TEL:0263-57-0080
営業時間:AM11:00~PM 2:00
PM 5:00~PM 8:45
定休日:木曜日(祭日の場合は水曜日)



道の駅「今井 恵みの里」 ⇒ 道の駅「風穴の里」 21km 35分
d0316868_7112958.jpg
長野県松本市安曇3528番地1 TEL:0263-94-2200
開設時間:午前9時~午後5時(食堂:午前9時~午後4時)
休館日:4月下旬~11月中旬まで無休、11月下旬~4月中旬までは木曜日定休(祝日の場合は営業)

徒歩7分ほどのところに、天然の冷蔵庫「風穴」があります。
見に行きましたが、まあ見て楽しいものではありません emoticon-0143-smirk.gif


道の駅「風穴の里」 ⇒ 新平湯温泉「郷夢の宿 山ぼうし」 43km 1時間25分 安保峠トンネルを通らず一般道経由
d0316868_7215950.jpg
有料区間の安房峠道路を通らず、一般道を走ってみました。
紅葉の時期、景色は綺麗ですが、道幅の狭いヘヤピンカーブが連続します emoticon-0141-whew.gif

交通量は少ないので危険は感じませんでしたが、距離10kmほどの差で30分ほど余計に時間はかかります。

帰りは安房峠道路を通りました。ETC割引もなくなり、距離5.6kmで通行料金は770円です emoticon-0104-surprised.gif


d0316868_7433912.jpg
目的地まで、あと15kmの地点です。
反ECOの悪燃費車としては、まずまずの11.7km/Lでした emoticon-0112-wondering.gif 高速ばかりですけど emoticon-0107-sweating.gif


紅葉の上高地、その2につづく・・・

にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へ ←ブログランキングに参加しています。
更新の励みになります。クリックをお願いしますemoticon-0105-wink.gif
にほんブログ村

I am participating in the Blog rankings. Please press the button above.
コメントをいただくと嬉しく思います。ありがとうございますemoticon-0102-bigsmile.gif


PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by fysoft | 2014-11-19 07:52 | 長野県 | Comments(2)

◆ 最北端を目指して北海道、その12 「小樽から苫小牧」へ、最終話 (2014年9月)

沖縄の海も綺麗ですが、積丹ブルーの北海道も見事でした emoticon-0137-clapping.gif

島武意海岸 ⇒ 小樽 60km 1時間40分
d0316868_7554865.jpg
定番の運河です。画像だと人が少ないように見えますが、かなりの観光客の方が訪れていました。
まあ、私たちもその仲間なわけですが・・・ emoticon-0107-sweating.gif


d0316868_7575976.jpg
ステンドグラスやガラス製品が多数展示されています。
なかなか良い商品もあるのですが、「手を触れないでください」なんですね。
「壊したら弁償してください」は、ごもっともで納得できますが、いくらガラス製品でも手に取って見てみないと選べません emoticon-0132-envy.gif
中国製のステンドグラスくらい触らせてくれても良いのに・・・従って、買う気になれません emoticon-0146-punch.gif


d0316868_872248.jpg
約120年前に建てられたマオイ酪農会館を利用した建物に、食事処やショップ、宿泊施設が集まるスポット。
ここは、なかなか良かったですよ emoticon-0103-cool.gif


d0316868_824179.jpg
たちかま料理 惣吉 住所:小樽市堺町2-12 出世前広場内 電話:0134-22-3377

たちかまとは、スケソウダラの白子を煉り、塩だけで固めたものだそうです emoticon-0104-surprised.gif
お昼を食べてから小樽に来たので、とても食べれませんでした・・・残念 emoticon-0106-crying.gif


d0316868_9144550.jpg
出世前広場にデザインウォッチやアクセサリーの専門店、「小樽ベルエアコレクション」がありました。

ピンクゴールド+ブラックの綺麗な時計を発見し、購入してしまいました。

運河はきれいで、夜のガス燈も素敵なのでしょうが、どうも観光化していて、あまり好きになれませんでした。

夏の終わりに少しの時間だけだったので、本来の姿は分かりませんが、もう一度来たいと思うようなところは、ありませんでした。



小樽 ⇒ OTSレンタカー 千歳空港営業所 84km 1時間10分 (道央自動車道経由)
d0316868_8403134.jpg
初めてのハイブリッド AQUA・・・いつもECOに逆行した燃費最悪の車ばかり乗っているので、燃費が楽しみでした emoticon-0100-smile.gif

初日、 2日目の合計走行距離 494.2km 消費燃料 21.4L 燃費 23.1km/L
3日目、4日目の合計走行距離 618.4km 消費燃料 20.7L 燃費 29.9km/L

初日、2日目は、高速道路が主だったので、エンジンで走っているのが大半でした。
3日目の南下は、空いた道を快調に走りました。あまりスピードを出すとエンジンが始動してしまいますが、一般道ばかり走ったので、AQUA本来の性能が発揮されました。

4日間の走行距離 1112.6km 消費燃料 42.1L 燃費 26.4km/L

4日間で1100kmと良く走りました。特に燃費を気にして走り方を工夫したわけではありませんが、26.4km/Lは、立派な成績だと思います emoticon-0137-clapping.gif


新千歳空港 ⇒ ドーミーイン苫小牧 道南バス 50分 620円

最終便に乗り遅れたわけではありませんが、諸般の事情によりもう一泊することになりました emoticon-0107-sweating.gif
千歳駅周辺は、どこも満室。
昔よく来た苫小牧を検索すると、ドーミーインが空いていました・・・良かった emoticon-0105-wink.gif

d0316868_9332792.jpg
夜も遅かったので、ホテルの目の前にあった、「海鮮楽屋 福福屋 苫小牧表町2丁目店」で夕食にしました。
普通の居酒屋チェーン店でしたが、まあ格安で美味しかったです emoticon-0102-bigsmile.gif

この記事を書くのに「福福屋」を調べていて思い出したのですが、このお店、藤枝駅の北口にもあり、一度行こうと思って5年間が過ぎてしまったお店でした emoticon-0107-sweating.gif

あっという間の5日間でしたが、心配していた天候もまずまずでした。

最北端を制覇し、北海道の綺麗な景色もたくさん見れ、美味しいものもたくさんいただき、満足の5日間でした・・・おわり emoticon-0140-rofl.gif


にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へ ←ブログランキングに参加しています。
更新の励みになります。クリックをお願いしますemoticon-0105-wink.gif
にほんブログ村

I am participating in the Blog rankings. Please press the button above.
コメントをいただくと嬉しく思います。ありがとうございますemoticon-0102-bigsmile.gif


PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by fysoft | 2014-11-12 09:50 | 北海道 | Comments(0)

◆ 最北端を目指して北海道、その11 「積丹ブルーの積丹半島、神威岬」へ (2014年9月)

この日も微妙な天気で、雨だったら小樽、晴れれば積丹半島と決めていました。

キロロリゾート マウンテンホテル ⇒ 余市駅 35km

d0316868_8301453.jpg
計画では、「神威岬」に直行する予定でしたが、例によって余市駅の標識に吸い込まれるように寄り道です emoticon-0105-wink.gif
ニッカウヰスキーの蒸溜所があることでも有名な余市、今は、創業者「竹鶴 政孝」の「マッサン」でも有名ですね emoticon-0144-nod.gif

毛利 衛さんの出身地でもあるので、「宇宙の湯」なるものも近所にありました。
もちろん「余市宇宙記念館」もあります。


余市駅 ⇒ 美国港 水中展望船 24km

水中展望船「ニュー積丹号」乗ろうと乗船券発売所に行ってみましたが、波が荒く欠航でした emoticon-0106-crying.gif
なお、今シーズンの営業は、10月25日で終了しています。


美国港 ⇒ 神威岬 26km

d0316868_859957.jpg
神威岬展望台までは、整備された遊歩道「チャレンカの小道」で行くことが出来ます。
起伏が結構あり、階段もありますが、20分少々で先端まで行けると思います。

d0316868_991417.jpg
女人禁制の門を過ぎるころから起伏がきつくなります emoticon-0107-sweating.gif

d0316868_911487.jpg
シャコタンブルーと呼ばれるだけあって、見事な景観と海の色ですね emoticon-0137-clapping.gif
画像では、その美しさと迫力が伝わらないですね・・・

d0316868_917451.jpg
神威岬展望台側から見た「チャレンカの小道」かなり疲れます emoticon-0103-cool.gif


神威岬 ⇒ 島武意海岸 15km
d0316868_9271139.jpg
2人並ぶのがやっとくらいの、小さなトンネルが、「島武意海岸」の入り口です。

d0316868_9292367.jpg
トンネルは、こんな感じで、ちょっとかがまないと危険な感じ。

トンネルの暗闇を抜けると、日本の渚百選にも選ばれた、島武意海岸の景観が広がります emoticon-0100-smile.gif

平成26年10月1日から27年3月末まで、改修工事のため全面通行止めだそうです。
ご注意ください!


d0316868_9372429.jpg
こちらも解説の必要などない、見事な海でした emoticon-0137-clapping.gif
高いところから見るので、迫力もありますが、海の透明度も素晴らしく、見事な色です emoticon-0104-surprised.gif

いつもお昼は、道の駅などで軽く済ませるのですが、今日はしっかりと食べました emoticon-0102-bigsmile.gif

d0316868_9425864.jpg
食事処 鱗 晃(りんこう) 北海道積丹郡積丹町入舸町

島武意海岸に行くトンネルの向かいにあります。ちょうどお腹が空いてきたので、良いタイミングでした。

ネタがたっぷりと入った「海鮮丼」は、ネタも新鮮で美味しかったです。

d0316868_9432127.jpg

三色丼の蒸しウニは、甘みが増して生よりも美味しいかも・・・


つづく・・・


にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へ ←ブログランキングに参加しています。
更新の励みになります。クリックをお願いしますemoticon-0105-wink.gif
にほんブログ村

I am participating in the Blog rankings. Please press the button above.
コメントをいただくと嬉しく思います。ありがとうございますemoticon-0102-bigsmile.gif


PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by fysoft | 2014-11-07 09:55 | 北海道 | Comments(0)